サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 命灯会〜にしおのともしび〜
2021年3月11日(木)
西尾市満全町にある西尾山康全寺

東日本大震災から10年がたち、あらためて「命の大切さについて考えること」や、東北で暮らしているわけではない私たちができることの1つの「忘れないこと」を伝え、人とのつながりから温かな社会を育むことにつなげていきたいとの思いで、命灯会(みょうとうえ)〜にしおのともしび〜が行われました。

東日本大震災を機に、宮城県気仙沼で生まれたあらゆる枠を超えた祈りの場。

一本を、今を生きていることができなかった「いのち」のために。

一本を、今を生かされている「いのち」のために。

すべての「いのち」と繋がりを感じ、二本のロウソクに明かりを灯します。

 
前の画面へ戻る
▲ページトップ