西尾市サタデープランダンス教室 にしおを踊る会
                               

西尾抹茶音頭の園児指導

7月3日(水)13:30〜14:30、社会福祉法人 和真会 熊味保育園にて、指導者の伊藤裕子さんが「西尾抹茶音頭」の指導をしました。
指導を受けたのは、熊味保育園の年長と年中102名と保育士10名の、合わせて112名でした。

保育園は、以下の2つのねらいをもって「西尾抹茶音頭」に取り組むことにしたとのことです。

ねらい1 郷土「にしお」を表現できる子

西尾の特産品が「西尾の抹茶」であることを、歌や踊りで表現することを通して、郷土「にしお」を愛する子が育つ。

ねらい2 友だちと仲よくできる子

7月27日の「夕すずみ会」で新しい踊りを発表することをめざし、練習をすることで、友だちと仲よくできる子が育つ。





 
   

みんな元気に素晴らしい声であいさつをしてくれました。
やる気満々です。
年長の女の子たちが、覚えるのが早いことに、とてもびっくりしました。
別れには「ヒロッピー先生」と声を出し、ハイタッチをしてくれる子が何人もいました。

前のページへ戻る
にしお市民活動情報サイト