特定非営利活動法人 やらまいか人まちサポート
                               

【西尾市】平成30年度高齢者生活支援コーディネーター養成講座

 2019年1月19日(土)10:00〜15:00 西尾市役所5階51会議室に於いて、「高齢者生活支援コーディネーター養成講座」が行われました。

 この講座は、地域福祉の応援者として“介護保険制度”と“高齢者の生活支援体制”をより深く学び、コーディネーターとして活躍していただくために企画されました。

今回は、昨年行われた「高齢者生活支援サポーター養成講座」を修了された33名が受講。たくさんのご意見を頂戴し、有意義な時間となりました。

主催:西尾市長寿課
企画・運営:特定非営利法人 やらまいか人まちサポート

 
   

いよいよ、高齢者生活支援コーディネーター養成講座の始まりです!
 西尾市役所 長寿課からの挨拶。
「社会に参加して、生きがい・やりがいを見つけることが大切。そうすれば、一人一人が元気になり、地域の活性化につながる」
 地域包括ケアを実施は、行政や地域包括だけでなく、地域の住民や医療・福祉・介護の関係者、地域の事業所、商店、企業と共に行うことが重要。

地域の課題は地域全体で解決していく!
【講義1】
 協議体、生活支援コーディネーターの位置づけを理解する。 

特に住民同士の支え合いの仕組みの大切さを理解してほしい!
 西尾市の取り組みには、
「西尾市生活支援体制整備事業」
支え隊会議(話し合いの場)がある。
支え隊会議とは??
 「西尾市生活支援体制整備事業」
支え隊会議とは?
 ・地域の課題(困りごと)について話し合う
 ・課題の解決策を考える
 ・解決に向けて行動する
【グループワーク 
「地域課題の把握と解決策の検討」
 
 事例から見えてくる、高齢者の生活場面において、生活支援や介護予防の重要性を考えました。
【グループワーク◆
「社会資源および地域課題を考える」
 
 各生活圏域における、地域の強みとなる社会資源や、地域全体の弱みとなる地域課題を抽出し、共有する。

【グループワーク】
「介護予防と自立支援を考える」
 
 健康長寿を目指すためにどのような事が必要か自助互助や地域の取り組み・仕組みを考える。

前のページへ戻る
にしお市民活動情報サイト