サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 【西尾市】高齢者生活支援コーディネーター養成講座
2016年10月15日(土) 13:30〜16:30西尾市役所 5階 51会議室にて、1回目の高齢者生活支援コーディネーター養成講座が行われました。
 西尾市長寿課主催と特定非営利活動法人 やらまいか人まちサポートの企画・運営で昨年度に行われた「高齢者生活支援サポーター養成講座」を終了された受講者の方々が地域福祉の応援者として、介護保険制度と高齢者の生活支援体制をより深く学んでコーディネーターとして活躍していただくためのステップアップ講座となりました。

 2回目は2016年10月22日(土) 13:00〜16:30 同場所にて
「地域で高齢者を支えるための手法について考えてみよう」と題しワークショップを取り入れながらの楽しく意義ある時間となりました。

両日共に講師は
日本福祉大学/人間環境大学 非常勤講師で社会福祉士の塚本鋭裕 氏。

特定非営利活動法人 やらまいか人まちサポートの活動報告はこちらのURLをご覧ください。
http://nishio.genki365.net/gnkn08/mypage/mypage_sheet.php?gid=G0000030&id=48803

西尾市長寿課さんによる「西尾市の現状と今後の体制整備」について。
42名の受講者の方々。
塚本鋭裕先生によるワークショップ。
講師の塚本鋭裕先生。
地域包括ケアシステムの推進や、生活支援コーディネーターの取り組み手順、高齢者の生活をうまく営む「5つのこと」など分かりやすくお話し下さいました。
講座2回目には、自分の住んでいる地域の包括支援センターのグループに分かれてワークショップを行いました。作業を進める中で仲間意識も芽生えていきます。
ワークショップでは自分の住む地区の大きな地図に、高齢者にとっての地域資源(商店街や集会所等)や、地区の強みと弱み等を記入していき、どのような取り組みが必要か確認していきました。視覚化することで、問題がより分かりやすくなりました。
各グループに分かれてのワークショップも行われました。問題等を書き出した付箋が次々貼られていきます。
2日間の受講を終えて高齢者生活支援コーディネーター養成講座の修了証を、参加されたみなさんがおひとりずつ受け取られました。
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ