特定非営利活動法人 やらまいか人まちサポート
                               

【西尾市】高齢者生活支援体制整備事業全体会議

高齢者生活支援体制整備事業全体会議」
    日時:平成30年3月3日(土)
    場所:西尾市役所51会議室

当日は、「高齢者生活支援サポーター養成講座」「高齢者生活支援コーディネーター養成講座」修了者の方々75名(うち包括センター18名・長寿課5名・やらまいか3名)が参加され、東海北陸厚生局地域包括ケア推進課課長・西尾市長寿課から、平成30年4月からの西尾市の高齢者生活支援体制整備事業の政策と施策、方向性と枠組みについて概要説明と今後の地域活動に向けての意見交換を行うため全体会議を開催しました。


主催:西尾市長寿課
企画運営:特非)やらまいか人まちサポート

◆司会
特非)やらまいか人まちサポート

◆挨拶
長寿課 三矢主幹
西尾市は4人に1人が65歳以上の高齢者です。これから増々高齢者の人口が増える中で皆さんで地域でお互い支え合う互助を進める為に高齢者サービスを行うことになりました。皆さんのご協力よろしくお願いいたします。


◆「高齢者生活支援体制整備事業政策と施策〜期待される仕組みと課題〜」
東海北陸厚生局 地域包括ケア推進課課長 福本 功氏

ときどき医療、ときどき介護を受けながら地域とも密接につながっていくことが必要。
西尾市に寄り添った形で分かりやすい講義をしていただきました。
◆西尾市の高齢者生活支援体制整備事業の概要説明
長寿課 高山課長補佐

平成30年4月から始まる高齢者支援サービスの流れ
(餝腑札鵐拭爾相談窓口
△笋蕕泙いがボランティア登録・要請・マッチング
9睥霄垰戮隊の一員が生活支援サービス(無償ボランティア)を行う
◆事例紹介
寺津南部長寿会・巨海サロン
代表 筒井 輝一氏

楽座イスを導入したり、年6回発行の長寿会だよりでは活字を少なくイラストを多くし工夫したり、保育園・小学校との交流をさかんに行っているなど、とても参考になる地域での取組み・活動紹介をしていただきました。
◆地域包括支援センターエリア
支え手の人材確保(個人・団体)の情報交換
特非)やらまいか人まちサポート

困った時などどのようにしていったらよいか、知恵を出しながら市民ボランティア・行政などと連携を密にしながら進めていくことが必要です。
◆有料サービスの提供
特非)コミュニティーワークふくし
日常生活支援事業の紹介がありました。

この事業を通じて、1人でも多くの高齢者の方が地域で安心して暮らせますように。


前のページへ戻る
にしお市民活動情報サイト