サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 【西尾市】はずてらいちに行ってきました!
 令和元年5月19日(日)10:00〜16:00、西幡豆駅周辺において、「はずてらいち」が開催されました。
 今まで毎年友引の休日に「幡豆の友引市」が行われていましたが、昨年をもって惜しまれながら終了。しかし、あの楽しさよ、カムバック!と言わんばかりに祐正寺でのマーケットが尊王蔵元の「第20回酒蔵開き」とともに帰ってきました。
 祐正寺では、西三河で人気の22店が大集合!
天候にも恵まれ、境内いっぱいにお店を広げ、お客が絶えることなく賑やかな一日でした。
 

 西幡豆駅は、西尾線の終点吉良吉田からわずか6分で着きます。蒲郡からでも19分で来ることができます。
 かわいい駅舎に、大勢の方が降りてきました!
駅から歩いて2分、あっと言う間に祐正寺境内に。 

サンドイッチにコーヒー、ラーメン…。あ〜美味しそう〜
 和菓子もあった!ハンバーガーも〜。
 お年寄りから小さな子まで、わいわい。
 お店の方々が気さくで明るいのが印象的でした。
 「はずてらいち実行委員会」の代表・中村さんに聞いてみました!
 このイベントを開催するきっかけは?

 「市中心部から外れていても地域に残る魅力を知ってもらいたい」と思ったからだそうです。
 運営するにあたって、いろいろ悩みも浮上したと思いますが、ご苦労なさったことは?
 
 「このイベントを立ち上げるにあたり、初めての実行委員会など、わからないことが多かったこと。でも、皆さんのご協力のおかげで、楽しんで開催する事ができました。」
 コンセプトは『みんなが食べたい、買いたいモノが大集合!すてきなヒトやモノとの出会い、そしてほのぼのとしたローカルな空間を楽しむこと。』
「名酒尊皇」で知られる山崎合資会社でも「はずのてらいち」に合わせて、蔵開き!
 たくさんの行列は?
何と!試飲に訪れた皆さん!
 はずてらいちを通して、親しみのある町であることがわかりました。
幡豆には魅力が満載!
 夏には、恒例「はずストーンカップ」もあります。
 ぜひみなさん幡豆に行ってみませんか?
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ