サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > ふるさと交流会in西三河
2011年11月5日(土)安城市民交流センターにおいて、安城市民交流センター・にしお市民活動センターの主催で、「ふるさと交流会in西三河」が行われ、東日本大震災で西三河エリアに避難されていらっしゃる8世帯25名の方が参加されました。1世帯は宮城県から、7世帯は福島県から避難されている方々です。

現在、愛知県には505世帯1200名強の方々が避難されており、豊田市を除く西三河地区には72世帯の方がいらっしゃいます。

個別相談会もあり、弁護士による法律相談・原発賠償相談、保健師による健康相談・心の相談、就業支援相談が行われました。

自己紹介から交流会が始まりました。
避難後、同郷の人たちの初めて顔を合わせです。
偶然にも同じ町の人と会うことができ、涙の場面もありました。
原発の関係で、将来の生活設計が立てられない不安を
語っていらっしゃいました。
キッズスペースでの笑顔のお子さんたち。
心がなごみます。
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ