サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 本町周辺 落書き消し作業
 平成26年6月28日(土)午後1時〜、西尾環境復帰会主催による、西尾市本町周辺の落書き消去作業が行われました。

 本町の周りでは、いたずらによる落書きが目立っていることから、美化に向けたゴミ拾いと共に実施。
 代表の萩原さんは、7月に開催される『にしお祭り』の前に少しでも西尾の町をきれいにしたいとの思いから、この取り組みを企画されたそうです。

 この日は、西尾小学校前に集合して、約20人参加で約3時間、活動しました。

 また、西尾環境復帰会では今後、一色や幡豆でも活動を企画されているそうです。

 落書き消去作業に使用した薬品や道具。
 色々な薬品を試し、一番効果的な、ラッカーシンナー(西尾環境復帰会提供)を使用しました。

 
 本町周辺の落書きの内、シャッター・電話ボックス・公共物など、5〜6ヵ所に対して、落書き消去作業を実施。
 シャッター全体に書かれていた落書きが、皆さんの手によってきれいになっていきます。
 ペンキの黒い部分から、根気よく拭き取りますが、あっという間に拭き取った布は真っ黒…
 皆さん、汗だくでの作業に頭が下がります。
 この日、西尾市内での環境問題や取り組みは自分も知りたいと、中村市議も参加されました。
 学校前で営業されている、文房具屋さん。
 ここのシャッターにも、同じ様な落書きが…
 
 こんな落書きが自分の住んでいる町に蔓延したら、がっかりします…
 今回の取り組みを企画・参加してくださった西尾環境復帰会をはじめ、ボランティアの皆さん、ありがとうございました。
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ