サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 名鉄西尾・蒲郡線体感ウォーク (平成24年)
平成24年12月20日(木) 名鉄西尾・蒲郡線の存続を訴え、西尾高校1.2年生680名がこどもの国駅から西尾駅までの沿線道路20.5キロメートル歩きました。
沿道では、支援ボランティア(約140人)がサポートしながらエールを送りました。 


西尾高校の電車通学のうち西尾駅以南の利用者は136名で、13.6%を占めています。

ゴールした生徒全員が、体感ウォークの寄せ書きをしました。
同路線は、生徒たちにとっても大切な交通手段です。存続を求めるとともに沿線住民らにも利用促進を発信しようと、今年で4回目になる体感ウォークを実施しました
西尾駅西広場では寒さの中を完歩した学生たちに、ボランティアからの温かい豚汁が振る舞われました。
今年榊原市長は議会の為、上横須賀から参加されました。
毎年「きずなツリーの木の下で」実行委員さんが協力して下さっています。
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ