サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 【西尾市】「粋な西尾道場」で講師として活躍中〜◆峽鮃ストレッチ」
 令和2年7月から、西尾市総合福祉センターにて西尾市社会福祉協議会の主催で「粋な西尾道場」が始まりました。
 人生100年時代!元気づくりは大事なテーマ。
元気づくりの“お出かけ先”として開講したのが「粋な西尾道場」です。
 毎週、多岐にわたる道場が開かれています。

今月の火曜日は、アクティにしお登録ボランティアの牧野広行さんが「健康ストレッチ」の講師としてご活躍!

「健康ストレッチ」では、指圧をしながら「セルフマッサージの方法」を指導しています。

 令和2年7月14日(火)は、2回目の「健康ストレッチ」です。西尾市総合福祉センター3階の「笑楽亭」の入り口で手指の消毒、入室し検温、受付を済ませます。
 12名の参加予定が、雨天のため若干の欠席者が出てしまいました。

講師の牧野 広行氏は、30代に肩を痛めて複数の治療を受けた事をきっかけに「自分でもやってみよう」と、天城流湯治法の理念を学びました。

20年程前からボランティアや講座などで活動しています。
「朝、起床してすぐに体を動かさず、体を伸ばして起きるといいですね。」
まずは、身体を伸ばしていきます。
参加者さんも、先生と一緒に体を伸ばしています。

無理のない動きで参加者の皆さんは楽し気です。
「耳の形は、人の体のツボになっています。伸ばしたり、潰したりして柔らかくしましょう。」

「また、よく咀嚼(そしゃく)をして唾液を沢山出すことで、内臓などに負担をかけず、体調を整えることができます。」
今日は、下半身を中心にほぐしていきます。
ホワイトボードに脚や足裏の図解を描き、参加者に分かりやすく説明していきます。

先生の話術は楽しく分かりやすいので、参加者の皆さん、のみ込みも早いようです。
足や膝を温めたり、ふくらはぎのツボを5秒ずつ圧迫します。
「痛いなと思ったところが、悪いのかなっと、自分で感じることが大切です。気になったところはありますか?」と、参加者に問いかけていました。

最後に、参加者から「朝から足が痛かったのよ。もう、痛くないわ」と、喜びの声が聞かれました。
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ