サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 【西尾市】西尾コンベンションホール内覧会
名鉄西尾駅前に「賑わいと交流」の拠点、西尾コンベンションホールが2018年10月7日(日)にグランドオープンいたします。
当ホールは、文化的催事や展示会・商談会・見本市等、企業・組織の周年事業や総会等が開催可能な多目的用途に対応する「場」になることを目指し、更に17万人都市西尾の玄関口の新たな顔となり、地域活性化の起爆剤として期待が高まっています。

講演会・懇親会・展示会・総会・商談会など様々な行事にフレキシブルに対応可能な二階の大ホール。
最大収容人員は、講演会504人、懇親会等は305人、会議は336人となっています。
大ホールは、A・Bの二室に分けて利用が可能で、移動観覧席は168席設置できます。
二階の大ホール入口壁面に、西尾市伊藤在住画家、斎藤吾朗氏の西尾市章(結び井桁)中央にモナリザが描かれた赤絵が、目を引きます。
二階多目的ルームは、最大収容人員100人でパーティションにより、三分割で利用できます。
一階から二階への入口ゾーンは、ひときわ明るいスペースになっています。
一階には、観光マップやパンフレッドなどの紙媒体で配布されていた観光情報を、スマートフォンなどに取り込むことができるデジタル情報スタンド「PONTANA」が設置されました。(参考:西尾ライオンズクラブから市へ寄贈)
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ