サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 【西尾市】一色南部小学校 コミュニティ広場開所式
2018年6月20日(水)14:15〜14:45
西尾市一色町の一色南部小学校の空き教室を利用したコミュニティ広場ができ、開所式が行われました。


NPO法人 やらまいか人まちサポートの活動報告は以下のURLよりご覧下さい。
http://nishio.genki365.net/gnkn08/mypage/mypage_sheet.php?gid=G0000030&id=51030

西尾中村市長より来賓挨拶。
「人口減少が日本の問題となっている。今後さらに児童の数が減り学校の空き教室ができてしまうようになる。その空き教室を利用することは素晴らしい発想。子どもたち自身にも年代の違う人との関わりと繋がりが出来、とても良いこと。地域とNPOが立ち上がり行動し出来上がったこの一色南部小のケースをモデルケースとして発展していけるように」とお話されました。
西尾市議会議長 鈴木武広氏。
「少子高齢化・核家族の中で安心安全なコミュニティができるのは大切なこと。地域のみなさんの手でコミュニティの輪を広げて行ってほしい。幡豆の同郷であるNPO法人やらまいか人まちサポートの牧野さんがこのコミュニティをコーディネートされとても誇らしい。末永く楽しい憩いの場所になりますように」と祝辞を述べていらっしゃいました。
尾崎教育長より「児童・生徒を守るためいろいろな策が考えられるが不審者をシャットアウトするより地域の人が毎日学校に居て子どもたちと一緒に生活し、地域の人も受けてみたい授業があれば参加する、そんな発想で地域と学校が連携をして学びの場を作るのは素晴らしい。南部小からスタートし地域主体となり広げて行ってほしい」と温かいお話をされました。
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ