サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 【西尾市】第30回にしお福祉まつりに参加しました♪
 平成28年10月23日(日)10:00〜14:00
第30回にしお福祉まつりが盛大に行われました。
今年のスローガンは「思いやりのこころ 広がるふれあい」です。
 各体験コーナー(車いす・要約筆記・点字・障がい者スポーツ・音訳・手話・傾聴)にふれていただき相手に思いやりの心を育むことが少しでも持てるようスタンプラリーなどを取り入れ、参加されたみなさんは楽しく時間が流れていらっしゃいました。

アクティにしおの登録団体も、多数参加されました!

《ガールスカウト愛知15団》
「あかいはねぼきんに ごきょうりょくくださ〜い!!」という可愛い声がホールに響いていました。
《不老会》
お元気に不老会の活動紹介をしていらっしゃいました。
《千人委員会友の会》
「え〜っ!この安さで〜!!」
ふれあいバザーにて出展されました。
《笑話の会》
バザーでの出展。牛乳パックで手作りしたイスなどもありました。お客さんとの会話も弾んでいました。
《要約筆記サークル》
筆談に使用する「ミニホワイトボード」の手作りコーナー。可愛いお客さんが一生懸命作っていました。手作りしたボードを使って、どこかでお役にたてるといいですね。
《パール卓球クラブ》
カローリング・卓球・フライングディスクの体験コーナー。
子ども達に大人気で順番待ちの列ができました。
《米米クラブ》
けん玉・折り紙など。
たくさんの方が一緒に同じ机を囲み、折り紙工作を楽しみました。
《AJF》
ホールのお手伝いで参加。中にはピカチュウに変身してがんばる会員さんの姿も。子どもたちに人気でした。
〜 開会式 〜
第30回を迎える「にしお福祉まつり」。今年もお天気に恵まれたくさんの笑顔が集いました。
「西尾をより良くするための活動が行われており、とてもいい事です」と榊原市長。
西尾東高校ブラスバンド部の演奏も会場を盛り上げました。
車いすダンスボランティア部の感動のステージ。『365日の紙ヒコーキ』の曲に乗せて、ダンサーさんの温かい笑顔が会場中に届きました。
手話体験コーナー
西尾市には2名の手話通訳士さんがいらっしゃるそうです。とても難しくその合格率は100人中8人ほどだそうです。
にしお市民活動センター アクティにしおサポートコーナーも出展し、私たちの活動の紹介をさせていただきました。
アクティにしおで夏の間グリーンカーテンとして日陰を作っていてくれた「あさがお」と「ゴーヤ」の種を来場者にプレゼントし、来る11月20日(日)の『アクティにしおまつり2016』の宣伝もしました。
関係者・スタッフ一同、張り切って準備しておりますので、皆様、来月はアクティにしおへもお越しくださいね!!
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ