サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 【西尾市】東日本大震災 追悼と復興への集い 第三回 灯りに祈りを込めて「心ひとつに 3・11」
2015年3月11日(水)東日本大震災 追悼と復興への集い
第三回 灯りに祈りを込めて「心ひとつに 3・11」
場所:西尾市満全町康全寺
主催:3・11心一つに 実行委員会


 東日本大震災から4年目になるこの日、震災で生まれた「絆」を大切に、新たなつながりへと広げるイベントが開催されました。
 朝には昨夜の積雪が残り、冬に逆戻りしたような寒い一日ではありましたが、康全寺には震災で被災された方々のお気持ちに少しでも寄り添いたいと思う、たくさんの方々が集い、会場はそんな皆さんの温かい気持ちで包まれていました。

 会場準備にはたくさんのボランティアさんがいらっしゃいました。
 なかでも、西尾中学校からは50名を超える生徒さんがボランティアとして参加。皆さん、心を込めて一生懸命準備していました。
 境内には西尾小、花ノ木小、西尾中の皆さんが製作した色とりどりの行灯が並びました。日が暮れ始めた5時半に灯りがともり、行灯ナイトが始まりました。この灯りが被災地の皆さんの心の中にも灯りますように…。

 第一部 東日本大震災追悼法要が本堂で行われた後、第二部には西尾市消防署本署主査 村松善広氏と、西尾市健康福祉部健康課主任主査 堀 晴美氏のお二方が、「東日本大震災〜今も私たちの心に〜」をテーマに講演をされました。
西尾市消防署本署主査 村松善広氏
 震災直後に愛知県緊急消防隊の隊員として被災地に入り、救助活動に尽力された際の話をされました。
 
西尾市健康福祉部健康課主任主査 堀 晴美氏
 震災後、行政支援で保健師として岩手県釜石市に一年間単身で赴任され、被災された方の心身のサポートに携われた話をされました。
 18:00からは鯉釉会(りゆうかい)の皆さんが舞踊が披露されました。美しい舞に本堂が凛とした空気に包まれました。
 
 18:30からは詩歌(しいか)の皆さんによるミニコンサートが披露されました。
 日も暮れ、行灯に優しい灯りがともりました。
 美味しいお汁粉も振る舞われ、心だけでなくお腹も温まったイベントでした(@^^@)♪
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ