サイトの利用について 活動相談コーナー トップページ ボランティア情報 ログイン
ホーム > 取材報告 > 平成27年 西尾祇園祭が開催されました。

平成27年7月17日(金)、18日(土)、19日(日)の3日間にわたり、西尾祇園祭が開催されました。
 
 今年は台風11号の接近の影響で開幕を飾る17日の「町ぞろい・手踊り」などが中止されました。駅西広場で開催予定の「市民ステージ」も強風の影響を考え中止となりました。

 18日(土)は、江戸時代の時代絵巻を繰り広げる六万石城郭城下町『西尾祇園祭』が行われ、伊文神社の伊文神社神前奉納に始まり、代々受け継がれてきた様々な練り物が、城下町全域へ練り出しました。 

  19日(日)は、やや湿り気が残りましたが、お天気も回復し、第21回市民総踊り「踊ろっ茶西尾!!」がお祭りのフィナーレを飾るにふさわしく最高に盛り上がりました。

 今年は、歴史公園で観光交流物産展として、山形県米沢市や東京都墨田区、岐阜県多治見市と中津川市が参加し、新しい企画にに多くの方が楽しんでみえました。
 また、「六万石の宴」が新しく加わり、会場となる同公園では、三河漫才や和太鼓も披露。ペットボトルで作ったキャンドルも幻想的な光を輝かせていました。

天王町の獅子舞と吾妻町の親子獅子舞は市内へ繰り出す前に伊文神社で舞を奉納します。
厄年の男子らが約370kgの神輿を担ぎ、鳥居をくぐります。この神輿は明和4年5月に京都の神輿師、桑島作右衛門の手によるものです。
今年の厄年さん大集合!
今年1年疾病や災厄がないように祈願!
西尾市役所のみなさんとキャンペーンレディーさん♪
みなさんキラキラと笑顔が輝いていました☆
西尾市指定無形民俗文化財の「肴町 大名行列」
独特のかけ声や身振りで練り歩く大名行列は全国でも珍しい町衆参加の行列。西尾藩主土井利長が町衆に剣旗以外の諸武具を持たせ神輿を護送させたと伝えられています。
西尾市長さんもご挨拶。
子ども達も行列で勇ましい姿を披露してくれました。
「中町の大屋形」
2階の踊り場を滑車で上下できるのが特徴で、これはかつて西尾城内の御劔八幡宮に参詣する際に城門を通過しやすくするためだったと言われています。
現在はお囃子のお姉さん達と一緒に、西尾キャンペーンレディーが乗ってお祭りをさらに華やかに盛り上げます。とても趣があり、西尾らしくて素敵でした。
こちらは市指定有形民俗文化財です。
アクティの前にも、伊文さんからお神輿が来て下さいました。
可愛いお子さんが抱っこされてのお参りです。ご近所のみなさんもお囃子の音に集まってみえました。
「踊ろっ茶・西尾! !」
今年も幅広い年齢層の団体さんが出場!
こちらの青いはっぴのお子さん方はパルスイミングのみなさん♪
花ノ木小学校のお子さん方も、この日のために一生懸命練習してきました。
くまみ保育園さんは、可愛いくまさんの応援団幕が目を引きます。
くまみ保育園の園児さん達は、お洒落な衣装に身を包んで、暑い中頑張りました!
(株)プリテックさん♪
息の合った踊りでおとなの貫録!
素敵でした!
西尾市民病院のみなさん♪
踊る方々の楽しそうな笑顔が印象的でした。
事務局の方も、大変お疲れ様でした!
西尾幼稚園の園児親子190人が一生懸命作って下さいました。500ミリペットボトルを半分に切り、上部を逆さに下部に指して固定。魚や星など思い思いの絵をサインペンで書いてありました。中にはLEDランプが!
「六万石の宴」は大人の雰囲気。
伝統芸能をしっとりと演じ、披露されました。
和太鼓は迫力満点!
若い演者さんのエネルギーも溢れ素晴らしい音が響き渡りました。
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ