パトラン西尾
                               

パトラン西尾1周年記念セレモニー

平成30年1月14日(日)15:00〜アクティにしお軽運動室にて、地域を見回りながらランニングし、街頭犯罪の抑制を図る「パトラン西尾」の設立1周年記念セレモニー(会員表彰・記念講演)が開催されました。

記念講演ではパトラン発案者でパトランJAPAN代表の立花祐平さんが「レッツパトラン『街頭犯罪ゼロの町を目指して』」と題してお話されました。


*年間MVP賞*
活動を撮影し続けた古居英隆さん。
*年間MVP賞*
メンバーの参加環境を整えてきた湯口美由紀さん。
メンバー一同から感謝状を贈られた神谷浩子代表。
萩原竜治副代表にも会員一同から感謝状が贈られました。
神谷代表の挨拶。
昨年の1月に発足当時は28名のメンバーが今では49名に増えました。不審者情報があったところに走りに行ったり、反射材を配布したりしています。
たくさんの方が参加されました。
パトランJAPAN代表の立花祐平さん
・犯罪の中でも性犯罪、ひったくり、窃盗、放火に目を光らせ、住民に安心して暮らしてもらおうとパトランは活動しています。
・西尾チームは公園にある公衆トイレの落書き発見を行政の連絡したりして地域の環境を守る活動もおこなっている。
来賓挨拶の西尾警察署副所長さん。
パトラン活動のおかげで犯罪数・交通事故数が減少しています。事故にあわないように活動してください。
来賓挨拶の危機管理課長さん。
日頃の尽力に感謝。末永く続けていただきたい。
KATCHの取材も請けました。
1月15日18:00〜 20:00〜22:00〜放映されました。
中村市長さんもお祝に駆けつけてくださいました。
市民と行政との協力が大事。
楽しそうな笑顔でやっているのを見て地域全体にもたらす効果。
講演終了後は赤い旗・白い旗を掲げて街へパトラン。

前のページへ戻る
にしお市民活動情報サイト