西尾を美しくする会
                               

西尾駅・西尾市歴史公園のトイレ掃除をしました!

平成29年11月11日(土)・12日(日)の両日、西尾にきれいを広げる活動の一環として、トイレ掃除を行いました。

◆11月11日(土)8:45〜西尾駅トイレ掃除
◆11月12日(日)8:45〜西尾歴史公園トイレ掃除

※高野代表の想い※ 
「11日(土)の西尾駅トイレ掃除で第30回という節目を迎えることが出来ました。
12日(日)の西尾歴史公園トイレ掃除は第31回のトイレ掃除…。継続は力なり!」

『西尾を美しくする会』の目的
平成13年8月に活動を立ち上げて以来、学校のトイレ美化活動を中心に活動してきました。
トイレ掃除を行うことで、環境が整い、児童・生徒の心も落ち着きます。
「西尾を美しくする会」としては、平成27年6月からで、毎月1回西尾駅のトイレ掃除をしています。トイレ掃除だけでなく、誰にでもできるゴミ拾い、草取りから始め、西尾を美しくして安心・安全な住みやすい街にしたいと思っています。

 色々な道具を使い、掃除します。

クエン酸につけて、汚れを落としやすくした後、サンドメッシュやナイロンたわしで擦ります。
傷がつかないように丁寧に落としていきます。

汚れ方にもよりますが、2〜3時間かかることはざら!時には、5時間かかったことも…。
 掃除道具、あれこれ…。

日常生活にあるものばかり。
工夫一つで、掃除道具に変身します!!
 11月11日(土)西尾駅トイレ掃除に参加したメンバー6人!
高野代表を中心に、現役高校生をはじめ、毎回色々な立場の方が集まります。
想いは一つ!
『やらされる掃除は辛いけど、やりたい掃除は楽しい!!』
 さて、日にちも場所も変わって、11月12日の日曜日、西尾歴史公園の公共トイレです。昨日に続いて31回目のトイレ清掃です。本日は、8名集合!
 バケツ、スポンジ、雑巾などなどを並べ早速作業開始です。
 日中は反応しないのか、電気がつかなくて、ちょっと暗い中での作業です。排水溝の蓋を開け、臭い防止のお椀型トラップも掃除します。
「見えるところだけを掃除しても、臭いは消えませんから、ちゃんとすみずみまでやります。」
 洗面台も丁寧にこすります。
「綺麗な場所は、みんな大好き!汚い場所は近寄りたくないし行きたくない」ですよね。
「西尾をきれいな街にしたい。」そんな気持ちを持ちながら、また心を磨きながら掃除に向かいます。
 おお!取材担当のアクティスタッフもびっくりしました。男子用トイレのどこの部品…?なんとお呼びしたらよいのでしょう?流れるところの蓋です。調べたら、これは小便器用着脱トラップと言うそうです。「西尾駅よりは利用者が少ないせいか汚れが少ないよ」とのこと。
 尿の通り道であるこのトラップは汚れがひどく、放っておくと石のようにカチカチになり悪臭を放つ原因となるそうです。
 さあ作業開始。微量の研磨剤入り洗剤をつけて傷めないように擦ります。
 便器だけでなく、壁や照明道具も拭き掃除。掃除用ホースもきれいに拭いていきます。
 臭いって、ほこりにも付着するそうです。ですから壁を拭くのもとても大事。
 小便器、洋式便器を素手!!で洗います。ゴム手袋をつけてでも構いませんが、やはり素手に近い状態のほうが作業がはかどります。
 「汚れを取り綺麗にしていく作業」は、トイレであれ台所であれ、お風呂で自身の体を洗うこととなんら変わりはないように思えました。素手でトイレを綺麗にしていく作業は、お風呂でさっぱりした後と同じで、気持ちの良い爽やかさが残るのだと思います。
 12日歴史公園のお掃除メンバーです。みなさん、素敵な笑顔です。
 アクティにしおも、「西尾を美しくする会」の市民活動を陰ながら応援していきたいと思います。
 西尾市全体が、市民一人一人の思いやりで美しくなりますように。

前のページへ戻る
にしお市民活動情報サイト