特定非営利活動法人 幡豆・三河湾ねっと
                               

【西尾市】第20回秋の幡豆・友引市開催!

 2017年9月10日(日)9:00〜15:00
今年も名鉄西幡豆駅周辺にて第20回秋の幡豆・友引市を開催しました。
秋晴れの気持ちの良いお出かけ日となり、第4回「鉄研」と、第43回はず夢ウォークも多くの方々にご参加いただき、”乗って残そう!名鉄にしがま線!”というキャッチフレーズも浸透されてきたのが窺えました。
 また、今年は特に「鉄研」が2会場になり多くの学生さんが参加。次世代を担う頼もしいチカラを感じました。
ご当地グルメ・ライブ・エコカーの試乗・ミニSLなどもブースが多く”歩いて 食べて 楽しく”過ごしていただけました!



 
   

ひっきりなしに西幡豆駅に降りる方々!(*^_^*)
はず夢ウォークに参加申込される受付に地元の中学生さん方がお手伝いしてくださいました。
今回の夢ウォークのコースです♪
骨董・着物・工芸・手作り品・パン・和菓子・お菓子などなど目にも口にも楽しく美味しいブースが並びました。
愛知県立吉良高等学校の生徒さん。吉良の”饗庭の塩”を使用したお菓子を開発し、商品化。
笑顔がとてもキュートです。
こちらは開発された”しおかりんとう”。とても美味しかったです。
幡豆・三河湾ねっと本部ブース。
様々な地元を紹介するパンフレットやリーフレットを配布。
地元の貝「波間柏」(なみまかしわ)という貝を使い、アクセサリーを手作りされてみえる方も!
とても素敵☆でした。
蒲郡のみかんの木(切り落とした部分など)を再利用し、レンコンのモチーフにしたおもしろ木工アート。アイデアが生きてます!
”尊王”でおなじみの山崎合資会社さん脇を流れる川は横を通り過ぎると一時の涼しい風を感じます。
蕎麦打ちグループさんも尊王蔵元のイベントに参加。美味しいお蕎麦はあっという間に完売です。
こちらは、お酒を仕込むカギとなる”仕込水”。井戸水でとても柔らかい軟水です。これでご飯を炊いてもとても美味しそうですね!
お酒のもととなる大切なお米。
磨きの過程を分かりやすく紹介。
機械化される前は、こんな道具を使われていたのです。昔の人の工夫と知恵が詰まっています。
今回の「鉄研」は西尾東高校・吉良高校・一色高校・蒲郡高校・三谷水産高校・幡豆中学。吉良中学の生徒さんがお手伝いに参加してくださいました。
こちらは、三谷水産高校のエコカー体験コーナー。小さなお子さんも興味津々!
あさりを使ったご当地グルメ!
”にしがま焼きそば”はさっぱりでもあさりの出汁が効いた新感覚焼きそばでした。(*^_^*)
メイン会場ホールには巨大鉄道模型。中学の生徒さんが大活躍です!
京都からご縁で”にしがま線”応援ソングを作ってライブをしてくださった、戸田大樹さん。
素敵な歌声とにしがま線を想う温かい歌詞に感謝の気持ちが湧きました。遠路応援に来てくださり、ありがとうございました。
吉良高校の生徒さんのブースでは、小さいお子さんが運転体験できるコーナーも!
これは、ワクワクですね。!(^^)!

前のページへ戻る
にしお市民活動情報サイト